Local Cat Society

  ローカル・キャットの会


「ローカル・キャットの会」の理念:


「外猫を里猫に!」 


「人も猫も幸せな街づくり」



「ローカル・キャットの会」のコンセプト:「猫が幸せな街は人も幸せ、猫を通じて人も共に分け与える、分かち合う、助け合う住みよい地域を作る」、「人が猫に与えるもの:食料、水、寝場所、愛情、時間」、「猫が人に与えるもの:癒し、慈愛、良いエネルギー、ゆとり」

 

内緒のスピリチュアル的見解:「猫を大事にする人に、猫は幸運を運ぶパワー・アニマルである。猫は人と精霊を結ぶ精霊の御使い、エレメンタル・エンジェルである。猫は邪悪な宇宙界のエネルギーや、うごめくもの等を退治してくれる。猫は最上級の癒しのエネルギーを与えてくれる存在」

 

ローカル・キャットの会にアクセスしてくださり有難うございます。

当方は2017年の11月頃から主に東京都の小平市で猫に関する活動をしている個人ボランティアです。

活動を始めてからまだ3年と少しではございますが、小平市内において、もうすでに500匹近くの飼い主のいない猫の不妊去勢手術の処置を行ない、また300匹以上の仔猫を含む猫の里親探しをして参りました。

しかし、この活動を個人ですべて請け負い、こなしていくことに限界を感じて参りました。そこで今後は皆さんと共に協力し合いながら、猫も人も幸せな街づくりを目指す為にこのホームページを開設させて頂きました。

このホームページの大きな目的は、近隣の皆さまの人と猫の共存共栄を目指し皆さんと共に協力し合うことです。

ぜひ皆さま、人も猫も幸せな街になるように協力をお願い致します。


 

代表紹介 井伊 七日(いい なのか) ローカル・キャットの会代表

活動ブログ:ジュペスの日記
Facebook : Jupes Jupes

 

取得資格

・ペット看護師

・ペットセラピスト

・人のセラピスト

・人のカウンセラー
(別の仕事は天界のセラピスト ) など






 

✡ローカル・キャットの会ができること✡ 

 

✥猫に関してのお悩み相談の受付け ・・・・主にeメールまた、メールができない方はお電話によってお話をさせて頂きます。

(✡活動ができる範囲は東京都の小平市近隣ですが、お悩みのご相談をうかがうことは全国どこでも結構でございます✡) 

 

ご相談例: 

・飼っている猫のことでのお悩みを伺います。共に解決しましょう。
 

・飼い主のいない外の猫に関してのご相談全般 

・餌付けや餌やりの方法について 

 ・不妊去勢手術をする為の捕獲保護のお手伝い 
(✡ここからは恐れ入りますが、小平市近隣に限ります)

(捕獲器の貸し出し、捕獲器の使い方のご指導、不妊去勢手術を格安でしてくれる動物病院をご紹介し、猫を一緒に運搬すること 等)
 

・仔猫の里親探しのお手伝い 

 ・すでに産まれてしまった仔猫達(3か月未満)の捕獲保護のお手伝い 

 ・保護している仔猫達の里親探しのご協力 

 

✥猫のミニ・セミナーの開催 ・・・何人か集まりましたら、外猫の捕獲保護の仕方など、場所をお借りして、ミニ講義形式で行わせて頂きます。 

 

 

 

捕獲用語のT.N.R.とは?

 (「どうぶつ基金」さんより引用) 


 

Trap(トラップ): 捕獲すること 

注意 

·        猫がけがをしないように気をつける。 

·        連絡先、目的など書いた張り紙をつける。 

·        捕獲機を仕掛けている間、その場所から離れない。 

·        猫が捕獲機に入ると速やかに布で捕獲機全体を包み込んで猫を安心させる。 

 

Neuter(ニューター): 不妊手術のこと 

注意 

·        不妊手術済みの目印として、猫の耳先をvカットします。 

·        全身麻酔がかけられているので、猫は痛くありません。 

·        出血もほとんどないです。 

Return(リターン): 猫を元の場所に戻す 

注意 

·        猫ボランティアさんは術後経過観測をすること 

·        餌は置き餌をせず、猫が食べ終わるのを待ち、あとかたづけと掃除をすること。 

·        捕獲もれの猫は速やかに捕獲してTNRを行う事。 

 

T.N.R.のお手伝いでの一例: 

 


お家のお庭にやってくる(またはご近所にやってくる)野良猫を餌づけし、捕獲器での捕獲をお手伝いします。
(*捕獲器の使い方をご指導させて頂き、捕まえて頂くこともあります。捕獲の時間帯は夜中または明け方が最適です)

 
1、  午前中に「格安で手術してくださる動物病院」に搬送します。
(*恐れ入りますが、お車での搬送をお願い致します。お車がない場合は、他のボランティアの方にお願いするか、またはタクシーを使っての搬送になります。その場合の搬送費用のご負担はお願い致します)
 
2、  不妊去勢手術を施してもらいます。
(*手術代は助成金などを使う為に5,000円以内になります。ただし、他に注射や検査のオプションを頼む場合は別途費用が発生します。この場合は恐れ入りますが、ご負担をお願い致します)

3、  雄の場合は当日、雌の場合は入院となり翌日に病院にお迎えに参ります。(*恐れ入りますが、お車のお迎えをお願い致します)

4、  帰ってきた猫を元の場所に戻します。その猫は「さくら猫」として地域で愛される猫となります。その後も責任のある餌やりをお願い致します。(*当方で猫を引き取ることは致しません)

*野良猫の出生率数を減らすことにより、ごみあさりやお庭の糞尿被害等が減ります。そして人がより良い環境で住めるようにご協力を致します。野良猫の殺生な殺処分を減らし、地域で愛される猫をつくるためにご協力を致します。
 

 

 

 

✬ローカル・キャットの会が

できないこと✬

 

 ☆野良猫を全部駆除して欲しいというご依頼 

 ☆庭に猫がやってきて困るから全部引き取って欲しい、またはどこか遠くに連れて行って欲しいというご依頼 

 

引き受けられない理由→当方はあくまでも個人のボランティア集団であってかつてのような保健所の役割は行なっておりません。基本的にお引き取りはできません。また動物愛護の観点から捕まえて遠方に連れていくようなこともできません。 

 

☆仔猫がいるから全部引き取って欲しいというご依頼 

 

引き受けられない理由→当方はかなりの数の仔猫を預かっており、引き受ける猫に限界があります。可能な限り、ご自宅で保護を試みてください。保護用ケージをお貸しすることも可能です。 

 

☆猫が嫌いだから関与したくない、そちらで猫問題を全部やっておいて欲しいという放棄のようなご依頼 

 

引き受けられない理由→全部やっておいて欲しいという丸投げはお引き受けできません。当方はあくまでもお手伝いをするのみです。主体性を持って最初から最後まで責任を持って関わって頂きたく存じます。そして共に解決を見つけていきましょう。 

 

 

 

猫ボランティアさまも大募集! 


お願いしたいこと: 


急募!!!車の送迎ドライバーさま(猫達を病院に連れて行く送迎ボランティアさま大募集!!!) 


餌やりさま(猫の餌付けの為のボランティアさま) 


一時保護預かりさま(猫達の里親さまが見つかるまで一時、預かってくださるボランティアさま) 


里親さま(猫達を受け入れてくださるご家族さま)
 

猫の捕獲保護など、なんでもご一緒に猫活動をしてくださる方!

大・大・大募集です!
 

猫達がどんどん産まれてしまい猫も人も困っています!もうこれ以上不幸の連鎖をしないように去勢不妊手術が必然です!特に送迎のボランティアさま、空いているお時間で構いません!どうぞ助けてください!皆様からのご連絡をお待ち致しております! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  ✡自主的に頑張る方を支援させて頂きます✡




  

✡捕獲プロセス一例:(左をクリックすると詳細を書いたブログに飛びます)

猫がいつも来る時間帯と場所を見計らって行います。数日間慣らす場合は、毎日決まった場所と時間に行なってください。捕獲にお勧めの時間帯は、早朝です。理由は、保管する時間が短くて済むことで、猫への身体の負担が少なくて済むからです。捕獲器は少し暗がりになる場所や建物や塀のすぐ脇がお勧めです。


動物病院には、手術日の予約を事前に入れておきます。

 

1、捕獲器の下部にペットシートを2枚ほど養生テープで貼ります。


2、餌をプラスティック容器に入れて混ぜ合わせ捕獲器の一番奥に置きます。

 

3、ビニールシートを長方形に切ったものを捕獲器の中に敷き、そこに誘導用のフードを入口付近から奥まで少しずつ置きます。

 

4、猫に見えないところに隠れます。その場所からあまり離れたり、長時間放置しておかないでください。長くても30分間隔でチェックして、猫が入っていないか確認してください。(猫が嫌いな人が捕獲器に入っている猫を見つけた場合、虐待目的で持っていってしまうかも知れません)


 

5、猫が踏み台を踏み、入り口が閉じた瞬間に、黒い布で全体を覆います。すると暴れていた猫も観念し大人しくなります。

6、すぐに保管場所や人に見えない場所に移動します。

7、もし、病院が開いている時間帯であれば、運搬してください。または翌朝の場合は、建物の中の暖かく静かな場所で安静にしておいてください。

8、捕獲器はそっと持ち、物にぶつからないように気を付けてください。猫はとても敏感な生き物ですから、音や衝撃に神経質です。

9、病院では獣医さんに必要事項をお伝えします。

例:分る限りの情報(雌か雄か、妊娠しているか授乳中か、怪我や病気などしていないか 等)をお伝えします。不妊去勢手術以外のオプション(ノミダニ駆除薬を付けて欲しい(必須です)、ワクチンなどを打って欲しい、怪我や病気をしている場合は治療をして欲しい 等)を付けるかどうかをお伝えします。

10、たいていの病院では午前中は11時までに受付を済ませて欲しいと言われます。そしてたいていの病院での手術は病院の閉まっているお昼の時間帯に行なわれます。

11、たいていの病院で、雄は当日の退院となり、雌は一泊入院で翌日の退院となります。お迎えは午後の4時以降に行くことが多いでしょう。

もし、可能でしたら、手術後の猫は安全の為に養生をしてもらった方が良いでしょう。その場合、家の中にミニケージに移し、2,3日から1週間程、保護してあげると良いでしょう。

 

そして猫の体調が回復したら、元にいた場所に返します。

 

あとは、今まで通りに決まった時間に餌やりをお続け頂き、終生見守ってください。

  

お勧め参考リンク集

 

公益財団法人 どうぶつ基金 さま 

 

NPO法人 ねこけん さま

 

公益財団法人動物環境・福祉協会Eva さま

ねこ結び さま

ねこだいら さま

湖畔どうぶつ病院


おおにし動物病院

ペットのおうち

ネコジルシ


捕獲したらすぐに黒い布で覆ってください。そして暖かい場所で保護してください。


✡自主的なご活動を支援させて頂きます✡


 

ご自分で外猫に対して去勢不妊手術を施し、里猫にしようと思われる方へのご参考例・・・

 

<東京都小平市在住の方の一例>:

(他の場所にお住まいの方も行政で地域猫の不妊去勢手術代の補助金が降りることが多々あります。どうぞお近くの役所にお問い合わせください)

 

1、捕獲器をご自分で購入し、外猫の捕獲を試みたい方は、「ねこけんさん」の捕獲器が一番お勧めです。

 

NPO法人 ねこけんさん 

・・・メディアでもとても有名なボランティア団体さまです。こちらでアメリカ製の捕獲器(「トマホーク社踏み板式」、ブラック)を購入することが可能です。これまでインターネットでいろんな捕獲器を注文して使ってみましたが、最後に行き着いたのがこちらの捕獲器です。安全で軽くて使い易いです。注文するには、こちらの「ねこけん」さんを通しての購入のみ可能です。ぜひお問合せしてみてください。

 

2、ご自分で動物病院に連れて行き無料の不妊去勢手術を施したいと思ったら、「どうぶつ基金」さんにお問合せしてみてください。幸運にも提携病院が近くにあったら、ぜひ挑戦してください。

 

どうぶつ基金さん 

・・・不妊去勢手術では、とてもお世話になっている公益財団法人さまです。ご自分自身でこちらのマイページに登録し、無料の不妊去勢手術用のチケットを発行して頂くことも可能です。

 

3、小平在住の方でしたら、「小平市役所環境部環境政策課」にお問い合わせをしてみてください。

 

小平市役所 環境部 環境政策課

・・・小平市で外猫をお世話していて、去勢不妊手術を施し地域猫にしたいという方はこちらにお問合せをして申請をしてください。環境課の職員が詳しく登録申請方法を教えてくれます。

申請が降りて団体登録ができましたら、不妊去勢手術の助成金を頂くことが可能です。

その場合は雄が3000円、雌が6000円までの補助金が後で振り込まれます。

 

団体登録への方法一例:

 

1、まずご自分を含めた3人以上の外猫をお世話しているボランティア様を集め、登録の書類にお名前、ご住所、お電話番号、ご年齢を書き込み申請致します。(注:小平市で持ち家の庭をお持ちの方を含めた方が有利です。賃貸物件の庭で餌やりをしている場合は大家さんの許可が必要となります。また公道や公園などでは許可がおりません)

2、その後、環境課の方々が、小平市に在住のお宅に訪問しチェックに参ります。

チェックする内容は:

・決まった場所で決まった時間に餌と水を与えているか、餌は置きっぱなしにしていないか(置きっぱなしにしていると、他の猫が来たり、また狸、ハクビシンなどの害獣が来たり、またはハエ、ゴキブリなどの害虫がわくという理由で厳しい注意があります)

 

・トイレを設置しているか(トイレは専用のトイレに猫砂を入れていることが好ましいのですが、無い場合は、庭のある個所を直径50センチくらいの中に柔らかい土を入れ、周囲を小石で囲んでおくことでも代用できます。

 

・ご近所に対して、外猫のお世話をしていることを周知しているかどうか。(どうぶつ基金のポスターを塀などに貼っていると有利)

 

3、そして捕獲器を手に入れたら、準備をします。(上記にあります)(他にも良い方法があるかも知れませんが、ある一例をご紹介いたします)